珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします500gから。 旧釧路市内・

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  

電話

  • 0154-91-6905

定休日 日・月・木曜日

  • 営業時間・11:00~15:00 駐車場10台可能 珈琲坂横

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 3000円炭鉱ラーメン・コーヒー付 10時30分~12時30分 希望日あり 1名~3名 代表・坂本房代 ハンドルネームあおぞら
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月27日 (土)

(^^♪緑の風景・・

珈琲坂広報の「ちょこっと あおぞら 日記」より    お付き合い下さい。

今日は お日様も顔を出し 暖かさが感じられる一日でした。緑の木々が ますます輝いています。

釧路も 少しずつ温度を感じますが 他の地域を見ると 温度の高さが違う~~よぅ・・

           🚩 あおぞらアート教室 🚩

Img_1496Wさん作品

26日金曜日 博物館4階から見た風景・・を写真に 釧路の風景を見る視点が楽しいですね。

毎回持参されるので あおぞらも刺激され次回までに課題を仕上げて 頑張りま~す。

 

Img_1497Iさん作品

27日土曜日 青い池 とても丁寧に取り組んで 空も雲と青空のバランスいいですね。

色の出し方良くなり 濃淡が上手くなりました。

          アートでにっこり😊また楽しみましょう✋

2023年5月24日 (水)

(^^♪新緑の季節・・

珈琲坂広報の「ちょこっと あおぞら 日記」より   お付き合い下さい。

朝の気温が低い・・肌寒さを感じます。 日中もあまり気温が 上がらない一日でした。

庭の木々が 緑を増してきました 風に吹かれて葉がゆらゆら・・観ているとゆったりとした時間が・・

            🚩 あおぞらアート教室 🚩


Img_1494Sさん作品
23日火曜日 青い池を表現してみましたよ・・・緑が 広がりはじめ 色が爽やかなに・・

楽しい季節になりました~活動的なる日も多くなりそうです。

季節に合わせて アートも広がっていきましょう~ね

Img_1495Mさん作品

24日水曜日 夕焼けの空が少し難しいのですが・・でも頑張って描き上げました。

木の表現が難しい・・と言っていましたがご自分の感性で仕上げていきましたね。

          アートでにっこり😊また楽しみましょう✋
 

 

 

2023年5月21日 (日)

(^^♪夕焼けアート

珈琲坂広報の「ちょこっと あおぞら 日記」より    お付き合い下さい。

葉桜になり始めた桜・・パラパラと花びらが風に吹かれて舞っている 桜ヶ岡通りです。

今日は 雨交じりの一日になりそう・・・少し肌寒さを感じます。

コロナが5類になりましたが まだ安心が出来ないこの頃・・個々に気を引き締めていきたいものですね。

お天気が良くなると 気持ちも開放感一杯・・楽しみながら体調管理していきましょう~

          🚩 あおぞらアート教室 🚩

  Img_1493Ñさん作品

20日土曜日  いつも楽しみに 来て下さるNさん アートは時間にゆとりをもたらす・・ひととき☕

今回も おしゃべりしながら 手を動かして進めていきました~お話をしながらも・・次いきましょう~ねと・・

作品の完成を見る事が出来ました。 色の出し方は 個人の指の力がそれぞれ違うので 濃くも薄くも

あなた次第で大丈夫なのです・・ 私だけのアートが出来るのです。

            アートでにっこり😊また楽しみましょう✋

2023年5月 8日 (月)

炭鉱の話・聞ける喫茶店ここは桜ヶ丘!

珈琲坂 ☕

コロナも5類になり 少しずつ生活も変わり始めていますが 個々に気を付けて過ごして

いきたいと思います。

珈琲坂は カウンターパネルは現状のままで 対応させていただきます。

Img_1488

ここは 桜ヶ岡商店街 これより東に行くと我々も読めないような アイヌ語地名になります。

Img_0430

大正12年 柳麵と言われ 昭和になり戦後 炭鉱マンのカルシウム補給のため 麺に骨粉を

入れてました。 配給制度で炭鉱の人は 食料とたばこ・お酒を一般の人より多く貰っていました。

ナルトが入っていないのは 炭鉱事故が多く紅白物は入れませんでした。

今年で祖父母の時代から この柳麵は100年になり 現在醤油・粉が美味しく変わっています。

Img_1486

昭和レトロの喫茶店珈琲坂 50年前のステレオでBGMにラジオを流しています。

Img_1483

ルンペンストーブは70年くらい前に 母親が営んでいた そば屋で使っていました。

太平洋の海底炭を使用しています。 気温が高い時は焚いていません~~ 旅人の方に限り お声をかけて

頂ければ、旅の記念に 少量ですが石炭をプレゼントします(飛行機には乗れませんよ)

手前のカップは 海底炭の燃えカスを釉薬として使ってます。これでコーヒーを飲んで下さい。

当店・自家焙煎珈琲を提供させて頂いております。

営業時間・・11時から15時まで   定休日・日・月・木曜日です  駐車場有 10台

☎ 0154-91-6905  営業時間内のみの受付

                          珈琲坂店主 坂本瑞房(日本華道院)

 

 

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »