珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 営業時間・11:00~15:00
    定休 日曜日
  • 駐車場 10台可能 珈琲坂横

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込  代表・坂本房代 ハンドルネームあおぞら
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« (^^♪なんの木・・ | トップページ | (^^♪北海道8月七夕 »

2022年7月11日 (月)

太平洋炭鉱閉山20年目の城下町です。

珈琲坂・・・   気温も少し上がりますが ぱぁ~とお日様が出ず ジメジメ蒸し暑い毎日です。

コロナも三年目ですね 珈琲坂も万全な体制で 11時から15時まで営業しております。日曜日定休

Img_1368

早いもので、太平洋炭鉱が閉山して20年・・珈琲坂に閉山1ヶ月前から たくさんの新聞記者さんが

集まり待機しながら 春採坑口に行ってましたねぇ~ 写真は現在の商店街・・

Img_1360

街灯はルンペンストーブの煙突をモチーフ  炭鉱が栄えていたこの頃 各家庭が石炭を焚いて過ごしていた昭和時代

珍しいカラー歩道・・今はでこぼこ 栄えていた商店街も今はまばらに・・豆腐屋さんも高齢で廃業 寂しい限りです。

Img_1362 

炭鉱が栄えていた時の木造長屋の写真  珈琲坂の前は 今は昔 たくさんの長屋で子供たちも大勢・・

裏山は ズリで沢を埋めたズリ捨て場です。 明治時代安田財閥が20年かけて ズリ山の下を掘ってました。

Img_1359

先日 こころ旅チャリンコで珈琲坂に とうちゃこ 火野正平さんは 飾らない気さくな方でした。

額右にかけている イヌクギにサインしてもらいました。 書いた本人も「見えねえ~よ」・・それでいいんです。。。

ちなみに 坑内の中で電球が切れたり 事故になり出口が分からなくなった時 このイヌクギの向きを触って

丘の方に向かって行けます。。。九州の方言で丘と言うのは 大きな意味で前と言う意味もあります。

ラジオ体操で体を前に曲げることを 丘 丘と言います。

Img_1366

ガス爆発防止で静電気の出ない作業服 

Img_1364

この浜は 佐賀藩が北海道で初めて石炭を試験採掘した場所です。この後 白糠の方で石炭が掘られています。

現在も奇跡的に 荒らされないで残っています。

明治時代には榎本武揚も石炭を調べにこの浜に来ています・・・白糠よりここの方が良質な石炭だと記録に残しています。

            では・・バ~イ✋✋



 

« (^^♪なんの木・・ | トップページ | (^^♪北海道8月七夕 »

コメント

街灯はルンペンストーブをかたどったものだったんですね。お話を聞かなければわからないものです。『こころ旅』ぴったりだと思います。火野さんのイヌクギのサインも新たな道しるべとなることでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (^^♪なんの木・・ | トップページ | (^^♪北海道8月七夕 »