珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 美味しいコーヒーの淹れ方と炭鉱ガイドの話 | トップページ | (^^♪秋です・・コスモス »

2015年9月 6日 (日)

炭鉱ガイド・・春採湖のトサツ場跡

今日の釧路は気温21℃ sun/cloud 日中は まだ半袖でも 大丈夫ですが 夕方になると

少し肌寒さを 感じます。 これから 毎日少しずつ 寒くなるのでしょうね。

Img071

昭和初期頃の 埋め立て前の春採湖 遠く真ん中に見える煙突が 火力発電所・・

その左側集落の沢が トサツ場・・炭鉱夫の胃袋を満たしてくれた・・・ 

Dscf3512_2

上の写真の右側山になっている所が 旧太平洋炭鉱 前身の木村炭鉱坑口跡です。

この場所が最も早く開けた部落跡です。


Dscf3507_2

大正9年 旧太平洋炭鉱時代に 掘られた 現在も使われている坑口です。

昭和63年 この坑口を補修中 木枠の古坑道が姿を現し 古い日誌も出てきて

オカにあげています。

Dscf3513_2

昭和初期の 旧太平洋炭鉱の所長宅跡 身分制度があり偉い人は高台にあります。

一般の作業員は平地  当時は砂利が少なく 坂道に赤ズリを引いていました。

Dscf3517_2

春採湖のトサツ場跡 その横に今でも 川が流れ 春採湖に・・・

赤沼が 横にありました。


Dscf3519_2

基礎部分に ぶっとい鉄筋を使い すごく丈夫に出来ています。

ナンコウが一杯 40銭かな?(93歳の母) 何を食べても ウマイ時代の話です。


Dscf3508_2

選炭工場の近くまで 昔は 春採湖の湿地帯が続いていました。

札幌からお見えになった お二人のガイドでした。

ガイドさん 質問してもいいですか?

はい どうぞ~

工場の 制御室は どこですか?

お前 テロするつもりか~と連れが聞いていた・・・

三人で 大笑い・・アハハハ・・アハハハψ(`∇´)ψ

        では・・また・・・バ~イpaper













« 美味しいコーヒーの淹れ方と炭鉱ガイドの話 | トップページ | (^^♪秋です・・コスモス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美味しいコーヒーの淹れ方と炭鉱ガイドの話 | トップページ | (^^♪秋です・・コスモス »