珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

美味しいコーヒーの淹れ方と炭鉱ガイドの話

今日の釧路 気温22℃ sun/cloud 日中は まだまだ暖かい でも八月も終わりですね。

これから 釧路には秋空の 良いお天気が 待っていますよ~・・きっとね( ^ω^ )

ピーナッツセレクトショップで イベントがあり 珈琲坂も参加させて頂きました。

美味しいコーヒーの淹れ方を ネル・紙フィルター・カフェプレスで体験

コーヒー豆は コロンビアで浅煎り・中煎り・深煎りの三種類をご用意しました。

それぞれの淹れ方で コーヒーの香り 味を 楽しんで頂きました。

Dscf3529


Dscf3530

ピーナッツの店内は キャンドルライトで 彩られた 素敵な雰囲気づくりshineshine


Dscf3536

ネルフィルターの使い方


Dscf3534

ペーパーフィルターの違いを教えている所です。


Dscf3538

ネルもフィルターも 回りにお湯をかけないこと  要注意danger

五百円玉くらいの 大きさを中心にゆっくりと・・・


Dscf3539

マスター手作りのケーキを食べながら 炭鉱ガイドの話を聴き・・・

炭鉱の坑口の場所を知ってますか~?

みなさん・・し~ん

春採湖の場所を知ってますか~?

みなさん全員・・は~い知ってま~す。

明治20年ころ 春採湖から 炭鉱が開けたのですよ~

へ~え~ 

そういう所を 炭鉱ガイドしています  みなさんも 一度現場に行ってみませんか~

ガイド致します。  要予約 炭鉱ラーメン・コーヒー付 お一人様 1000円

炭鉱ラーメンの歴史もガイド致します。 四名様まで 10:00~12:00の二時間位

          では・・また・・・バ~イpaper

2015年8月26日 (水)

(^^♪十五夜いろいろ・・

気温21℃ cloud 日中は、少し動くと 汗sweat01も 出てきて暖かさを感じました。

テレビで 釧路は 避暑地には最高と 本州から、いらしていた方を紹介していました。

本州の気温に 比べたら本当に涼しいhappy01 やる気の出る気温かも・・・・

珈琲坂広報の 「ちょこっと あおぞら 日記」より   お付き合いください。

八月も末になり 秋が一歩 一歩・・・近づいて来るような気配・・・

         rouge あおぞら アート 教室から rouge

久しぶりに 毎回 行っている Sさん 忙しさも 落ち着き 秋に向けてのアート・・

秋と言えば 十五夜 毎回季節のアートを 課題に描いています。

Cimg2375Sさん作品

今回の十五夜アートはup 夕焼けで染めて 明るさを出したいと・・

アートも 二年目になり 色合いも考え 手の動きも 早くなってる~^^

今回は 一時間足らずで 完成です・・早いね~~決して手抜きでは ありませんlovely

お互いに 良いできだわ~と 褒めあいニッコリ・・・コーヒータイムcafeで おしゃべりkissmark

お客様と一緒に 少しの間ゆったり コーヒーでほっとcafe 今日の時間を終了

お疲れ様でした。 早速 玄関にアート展示ですね。

Cimg2085Sさん作品

前回の十五夜アートup 同じ題材でも 描き方 楽しみ方 構成の違いがでますね。

今回は 23日に 体験アートをされた方も ご紹介します。down

Cimg2376Iさん作品

題材は 十五夜で Iさんは 初めての体験 自分なりの 構成をされて 色のつけ方を

上手に工夫されていましたね。 右すみには Iさんの可愛いねこを 入れていますよ~^^

お手本と 違っていいのです・自分の感性が楽しさを生み 時間の中にゆったりした

安らぎを 見つけて楽しみましょう・・happy01 これからも 続けて描いてください~~。

和(なごみ)アートは 字の如く 和んで ゆったり感を 味わう中に 生まれてくる

アートです。 パステルを削り 粉にしたものを 指でクルクル塗っていくアートです。

小さいお子様から お年寄りの方まで 幅広く 参加出来ます。

難しそうと 感じる前に さぁ~挑戦 トライですよ~^^(o^-^o)

  rouge  いつでも お待ちしております。 rouge 






2015年8月20日 (木)

コーヒー教室で身近な炭鉱の話

今日は、お天気よく 気温22℃ 少しむし暑い日でした。

朝・夕は 涼しさが増して来ました。 釧路らしい 秋に 良い天気がきそう~

コーヒーを淹れながら 炭鉱の身近な お話を聴いて  ひとときを 楽しみませんかsign02

同じ豆で 三種類の淹れ方をして みます・・・さて あなたに合うコーヒーは・・・ 

Img067
 スィーツは マスターの手作りシフォンケーキ 砂糖の量を少なくし ベーキングパウダー

は 使用せず 甘味を感じるケーキです。 コーヒーと一緒にご賞味下さい。

Img068


Img069

コーヒーは 昔ながらの こだわりの直火焙煎です。

Img070

upおかわりクーポン券は ピーナッツさんのほうで 参加者の方に お配り致します。

参加申し込みの方は ピーナッツセレクトショップ 電話:0154-37-7288

             では・・また・・・バ~イpaper

 

2015年8月16日 (日)

釧路の町に今でも奉安殿が残っている

毎日 むし暑い日が・・・気温21℃ cloud/sun 日中は お日様が顔をだし 気持ちいい~

少し お天気が続くと いいのにね~

Img065

大正7年 春採炭鉱経営者木村久太郎が 従業員子弟教育のため 寄付して開校した。

炭鉱の発展とともに 児童数も増え 昭和7年には 高等科も併置した。

現在の釧路市立湖畔小学校であるが 写真は昭和7年のものです。

写真左上 屋根の上に小さく見えるのが 奉安殿です。


Img066

今から 二年前の2013年に写したものです。 まだ回りが それ程 荒らされていません


Dscf3483

2015年8月 撮影 ブンヤさんと探索

Dscf3484

足元が荒らされ・・・ 


Dscf3485

錆びて動かないドア 少し開き気味 中は子供の落書きでいっぱいです。


Dscf3486

周りの柵・・倒れているものも 数個ありました。


Dscf3487

柱には 鉄骨も使われていました。 おやっ 黒たまを使っていまね。


Dscf3488

奉安殿の すぐ横に 塹壕が今でも 残されています。


Dscf3489

おや おや 石炭混じりの基礎コンクリートが見られます

さすが 炭鉱の奉安殿ですね。


Dscf3490

海砂を使い コンクリートを 練って 使っています。

釧路は 川砂がないので 帯広方面から 運んでいます。


Dscf3492

屋根も 昨年の豪雨雪で 相当に傷んでいます。


Dscf3493

基礎と外壁は 非常に頑丈に造られていますが 屋根が一年と 持たないsign02

終戦70年 負の遺産 何とか残そうよ~ 

子供たちにも この意味を 言い伝えていきたい。 

これを大事とするか しないか そこが問題だsign03

      では・・また・・・バ~イpaper

cafe トラジャ新豆 入荷  100g 680円 cafe



2015年8月 4日 (火)

70年前の残壕・・銃座口探索

むし暑い日・・気温25℃ cloud/sun 少し動くと じんわりと汗・・釧路も夏真っ盛り

八月十五日で 終戦70年 ガッツな若者二名と取材ガイド・・興津海岸とうちか銃座口を

みてみます。

Dscf3474

Img063

Img064


昭和27年頃 上の写真 1と2を見比べて下さい。

Dscf3466

露頭炭発見・・

Dscf3467

上に上がって 銃座口を目視してみます。


Dscf3468

よっこらしょ・・・気をつけろよ~ この上は4~5メーターくらいのすり鉢状に掘られて

いました。

Dscf3469

中はどんなふうになってる~? マスターが小学校3年生くらいの時遊び場になったので

立ち入り禁止になりました。


Dscf3470

奥のほうは どうなっている~?


Dscf3471

横の隙間 はどうなっている~? そうか~わかった~。


Dscf3472

気をつけて おりれよ~good


Dscf3478

ガッツな若者が 平行した岩肌に 無数のピックで打ったような跡を発見

マスターも坑内でピックを使った事がありますが この様な穴の格好になります。

何個か 銃座口を造る 気でいたのかなあ~


Dscf3480

銃座口から 70年前の 破片を回収 下の岩に薄い石炭層を挟んでいます。

砂は 川砂ではなく 小さい貝殻の入った 海砂を使用していました。

もちろん 鉄筋の使用見られません。

珈琲坂の山の上は 戦時中 陣地だったので 地下壕 とうちかなどが 残っています。

当然 鉄筋類は使われておりません。

地下壕については 肌岩で 近所子供達と中に入って 遊んだ。

距離にして50メーターくらいかな?  若者さん お疲れ様でした。

      では・・また・・・バ~イpaper

       

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »