珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月27日 (土)

炭鉱ガイド・・別保炭山跡探索ツアー

寒い一日 気温11℃ cloud とにかく寒い  六月も末だというのに 何というお天気wobbly

店内でも 石炭ストーブで 暖をとりました。

Dscf3399

 今日は、気温が低いので 釧路市内から数キロ離れている 山の中にある 

別保炭鉱跡を ガイドする 出発前の打ち合わせです。

Img057

旧鉄道跡   旧選炭場跡         現在選炭場跡

Img058

ズリ山眺望       旧別保坑口 現在でも 坑内の中から 水が出ています。


Img059

旧社宅群


Img060

旧別保二坑  大正5年ころ (元山)


Img061

現在の住宅街


Img062

現在見ることが出来る 選炭場跡と坑口です。

この坑口には マスターの孫も 別保小の体験学習で地域のおじさんと見学に

行ってます。 ban絶対 こども同士では 立ち入らぬ事と注意してました)ban

Dscf3401

この辺が 当時の機関車の乗り場付近です。


Img056

石炭の川船積込み場  大正9年ころ 10トン積み3人くらいの人力により

川岸沿いに引舟し 釧路の幣舞橋まで運びました。


Dscf3403

現在の別保川


Dscf3402

この別保川は 当時 炭山の人たちは お茶川(おちゃかわ)と言ってました。

運搬川に使って汚れていたので 川がお茶のように見えたのかな?

この後 珈琲坂に来て 炭鉱ラーメンを食べながら 初めての所ばかりで 楽しませて

もらいました・・・と みなさんニコニコ顔でした。

寒い中 みなさん お疲れ様でした。

炭鉱ツアーガイド   10:00~12:00

お一人様 1000円  4名様まで  要予約 炭鉱ラーメン・コーヒー付

           では・・また・・・バ~イpaper  28日(日曜日)は営業致します。pm5:00まで

 

2015年6月20日 (土)

炭鉱ガイド・日本一砂岩脈 春採太郎探索

今日は、気温20℃ cloud/sun 天気予報では 曇りのち昼から小雨の予報で 空を

見ると降りそうもないので 滅多に行けない 日本一の規模となっている 砂岩脈

春採太郎を四名様まで 探索してみます。

Img055

釧路市内がすっぽり入る 大きさの採掘跡・・・中央のブイゾーンと左右に大きい断層が

走っています。知人沖には 大きくて 深い谷があります。

今回の春採太郎は ブイゾーン沿いに海底の中に 数キロ入っており 上下方向

300メーターくらいあります。


Dscf3369

ここは このように 潮引きじゃないと 通ることが出来ません。

足元が 昆布で絡み 長い長靴が必要となります。


Dscf3370

ここは、春採大滝です。 

Dscf3371

上のほうに コールマインの社員の人がおりました。  ここは会社の敷地内になります。


Dscf3372

実は この滝は 自然の滝ではないのです。 まだ 海底深く 掘っていた時は

水量が 3倍ちかくあり 左右いっぱいに 水が流れていて 面影が残っています。


Dscf3373

流されないように 手をつなぎ  音と流れに目が回りそう・・・・

昭和3年 坑内火災があり 何人かの犠牲者がでています。 急きょ排気坑道にするため

滝の上に坑口を 掘りました。 300メーターくらいの 短い坑道です。

マスターが 坑内勤務の時は 退避通路用の坑道として使われていました。

(使用したことは 一度もありません)

この水は 現在ポンプでこの坑道を使い 排出しております。

スカイランドに 温泉施設があった時は この水を 温泉水として使用していました。

(現在は スカイランドは 取り壊しております) 一部の水は 選炭工場の工業水として

使用しています。 

Dscf3375

Dscf3376

歩いて 約15分 釧路の文化財に指定されている 春採太郎に到着

実は もう少し歩いていくと 春採二郎があります。

足元が 滑り 途中で今回は 諦めました。 その中間に 20㎝くらいの たか~い

砂岩脈があります。  地盤変動に伴ってできた地層の亀裂に 砂などが

吸い込まれて形成されたと 考えられています。 

Dscf3377

ここで コーヒーで 乾杯です・・・・靴の中は 水でぐしょぐしょ・・

平成14年の閉山時 マスターは この付近の海底200メーターくらいに勤務して

おりました。 海底の様子は 砂岩で出来ており 昭和20年 海底下に堀すすむ時

破砕帯があると言われ 坑道にダムを作り 海の下を掘りました

この場所は(坑内の中) 冬になると 寒くって 寒くって 休憩室の中に 蓄熱暖房が

ついておりました。 悪いことに 技術開発として 監視ロボットが備えつけられて

おりました。  結構 故障が多く 活躍は見られませんでした。

この後 珈琲坂に来て 炭鉱ラーメン・コーヒー付で 疲れを 少しとって頂きました。

お一人様 1000円 四名様まで   お疲れ様でした。

        では・・また・・・バ~イpaper    明日は休みます。

2015年6月 4日 (木)

クラフトバック&ビーズブローチ展開催

昨日の夜の大雨・・まぁ~すごかった~rainバケツをひっくり返したような音・・雷thunder

よく、眠れなかったのでは ありませんか? 

一夜あけて、sunになり まずは、ほっとして目覚めると 地震情報 釧路市内は震度1

阿寒の方が震源地のようで 震度5弱で 揺れた様子をテレビでみました。

お天気・気温など 自然事象が変わっている。。なんか変だなぁ  普段から 防災準備を

と思う 今日の朝の目覚めでした。

       珈琲坂から お知らせ

関谷悦子・芳賀洋子  「クラフトバック & ビーズブローチ二人展」

6月8日(月曜日)から6月30日(火曜日)まで

Dscf3368

使い勝手が良さそうな バック ちょっとしたアクセントにブローチと 目を楽しませて

くれる作品展示です。 展示即売会をしています ので お気に入りを

見つけてみては いかがでしょうか 

ブローチ300円から バック500円からと お手頃お値段です。

坂ブレンドコーヒー  450円 珈琲坂オリジナルで4種類の豆をブレンドしています。

コーヒー飲みながら ゆっくりと作品を見てください。

営業時間・・11:00~18:30   宅配で早めに終了する事がありますのでご了承ください。

不定休

         お詫び

五月末に予定していた 炭鉱ガイドは マスターの体調不良で中止となり 参加予定の

皆様には 心から お詫び申し上げます。ご迷惑をお掛け致しました。

体調回復いたしましたので 六月以降は 予定通り 炭鉱ガイド進めていきます。

来店され お話を聞いて興味が湧いて来ましたら お出かけしてみませんか。

10:00~12:00 約2時間 お一人様 1000円 4名様まで

炭鉱ラーメン(柳麺)と コーヒー付 

ツアーを終えて 珈琲坂で ゆっくりと お召し上がりください。


2015年6月 2日 (火)

(^^♪静かな湖畔・・かな?

少し風があるものの お天気良好 sun/cloud 気温19℃ 綿毛が飛んでいます。

タンポポの強い力が あちらこちらに 根を下ろします。

珈琲坂広報の 「ちょこっと あおぞら 日記」より  お付き合いください。

       rouge あおぞら アート 教室からrouge

五月は 時間が合わず 六月にアートです。 春を迎えた新緑が眩しい・・・この頃

Dscf3367Sさん作品

何枚か 春らしい アートの中から  ピンク色の春らしい一枚

細かな作業が あり Sさん・「久しぶりにやった~と言う感じ」と たっぷり時間を

かけましたよ。淡い感じで ほんわかとした気持ちがアートの中から 伺えます。

アートを眺めて 忙しかった日々を ちょっぴり忘れてしましそうですね。lovely

お疲れ様でした。  久しぶりにあおぞらも 時間たっぷり 課題と向き合いましたよ。

Sさん いつも 楽しい課題を与えて下さり ありがとうございます。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

さぁ~ 七月のアート 考えます・・・・何を描こうかなsign02

ちょっと 一息 コーヒータイム cafe 坂ブレンドコーヒー450円 

アートが終わってコーヒーを飲みながら おしゃべりを楽しみ 終了です。

 

   炭鉱ガイド・・11:00~12:00  お一人様 1000円(炭鉱ラーメン・コーヒー付)

         4名様まで   要予約 


« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »