珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします500gから。 旧釧路市内・

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  

電話

  • 0154-91-6905

定休日 日・月・木曜日

  • 営業時間・11:00~15:00 駐車場10台可能 珈琲坂横

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 3000円炭鉱ラーメン・コーヒー付 10時30分~12時30分 希望日あり 1名~3名 代表・坂本房代 ハンドルネームあおぞら
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 炭鉱と食文化 »

2015年1月 2日 (金)

幻の「武佐抗」

穏やかな お正月です。 釧路は雪もなく 走りやすいです。

寒い釧路にとって 室内で遊べるところ・・あまりないですね。

  今年は、終戦70年に あたります。 93歳母の話を交えて 太平洋炭鉱 幻の

「武佐抗」 を 探索してみます。  

Dscf3090_2

マスターが先輩から 聞いていたのは 選炭工場シックナーひと山越えた所に坑口あり

ちょうど この場所が坑口になります。

昭和14年10月開口  昭和15年抗道掘削および補助金がでる 国の助成策が

ありました。 この時期は たくさんの石炭が 戦争のため 欲しかったのですね。


Dscf3092_2

朽ちた 軌道用の枕木です。  この辺は 見る限り ズリです。


Dscf3091_2

軌道用の跡地です。  当時のホイストワイヤーが 現在も残っています。

この山の下に 昭和15年以降に 朝鮮人飯場があり 93歳の母が 姉妹二人で

炭鉱指定店のため 食堂を移住者のために出店していました。

 

Dscf3089_2

ガンガン台車が ポツリ一台? この傾斜は 終戦後ブルをかけて 平らにしました。

S18年の12月で炭質悪化と出水・断層ため閉山・・・

これ以降 太平洋炭鉱は 保抗になり 九州配転になります。

        では・・また・・・バ~イ

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 炭鉱と食文化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 炭鉱と食文化 »