珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« (^^♪十五夜が・・・ | トップページ | (^^♪朝のカラスが・・ »

2014年9月 8日 (月)

浦雲泊旧炭鉱跡地・・探索記

日中は まだまだ 暑いですね~sun 気温22℃ 風少しあり・・

釧路の花火(6日)・・3尺玉が今年は とても素晴らしかった ドド~ンと空いっぱいに・・

上がって 間もなく  わぁ^^~と思わず 拍手をしていましたよ。キタ━━━━(゚∀゚)

今日はシーサイドラインを走り 浦雲泊旧炭鉱跡地へご案内いたします。ブォ~ンdash

おっとと・・5分も走らず 釧路コールマイン ベトナム研修生が 朝 早く・・

サイクリング中に遭遇・・「 オーイ どこまで行くの~? イエース オハヨウ???

マスターが炭鉱にいたころは 通じても 通じなくても 日本語で話せ・・と教育されて

ました。  最近は珈琲坂前の道路を 歩いて行くすがたを見かけたら マスター・・

必ず オーイと手を上げて 声をかけると 彼らは 必ず振り向き 手を上げて挨拶

してくれますよ・・( ^ω^ )

Dscf2835


Dscf2836

この先 ず~~と3キロ~4キロ行くと 浦雲泊 旧炭鉱跡地 up

Dscf2873

これが 旧浦雲泊 坑口跡になります。up 線路の見えている所から台車を押し

石炭を排出しておりました。


Dscf2875

この坑口跡からは 若干の水が流れでております。

真ん中にあるのは 石炭で20センチ位あります。 カロリーも結構あり

5000カロリーくらいかな・・立派なものです。


Dscf2877

この白く見えるところは 旧太平洋炭鉱でよく見られた凝灰岩です。

今日の目的は この石です。これが長い間 風雨にさらされて 水を含むと

粘土状になります。 この石が選炭工場に来ると 比重選別が 困難になります。

この石を少し採掘し マスターの陶芸の材料になります。happy01

Dscf2878

貯炭場跡です。

Dscf2879

奥の山が 地滑りを起こして 平らになったと考えられますが・・・

地層の詳しい専門員が釧路博物館におりますので、お気軽に お尋ねください。

Dscf2884

この石が 礫岩で ゴロゴロそこらじゅうに 転がっています。

電柱と比べてください。

        では・・また・・・バ~イpaper dashdash

« (^^♪十五夜が・・・ | トップページ | (^^♪朝のカラスが・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (^^♪十五夜が・・・ | トップページ | (^^♪朝のカラスが・・ »