珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

(^^♪十五夜が・・・

八月もあと二日で・・秋の声・・九月です。 早いですね~ 釧路は秋が晴ればれとして

日中は 過ごしやすいwink 朝・夕は 肌寒さを感じますがね~いい季節ですよ~。happy01

でも、この頃は お天気不安定ですから 安心はできませんが・・

良い お天気になりますように~~( ^ω^ ) 

    珈琲坂広報の 「ちょこっと あおぞら 日記」 より  お付き合いください。

毎月一回のアート体験 を受講されている Sさんです。

前回の時 八月は 十五夜を描いてみたいと・・・の課題

できましたよ~素敵なアートfullmoon

Cimg2085Sさん作品

お仕事を 終えて珈琲坂に寄って下さいます。

久しぶりのアートと にこやかに 席に着きました。happy01

毎月一度ですが だんだんと 腕をあげて 自分のアートが出来てきました。

大きな月を 見ている ウサギさん 親子連れに・・Sさんのアイディアなんですよ

なんだか ほのぼのとする 一枚です。 

アートすることにも 楽しさと余裕が感じられます。 ネームのハートが余裕heart01

ちなみに、十五夜は 九月八日(月曜日)fullmoon 中秋の名月がみられますかね~~good

2014年8月24日 (日)

ライマンの探索パート2・三津浦編

今日は、残暑ですかね~暑い日 気温26℃ sun/cloud 雨だったり と

不安定な お天気が 続きますねえ~・・体調にも気をつけて 乗り切りましょう。coldsweats01

Dscf2815

昆布森より 釧路よりに 約4キロくらいかな? ここは 三津浦海岸 

露頭炭の所で ミヤマカラスアゲハが食事中lovely  エゾオグルマが美味しいのかな・・

我々が 傍にいても 逃げることを忘れたよう~~です。

この時期 海岸沿いには 沢山のエゾオグルマが咲いています。

Dscf2809

明治6年 11月榎本武揚 「釧路白糠より厚岸迄の間 炭脈断続ス」・・・・とあり

釧路の 11月は 風強し 波高し 海は穏やかではないのではなかろうか・・・

マスターの60年の経験からです。  翌年の 明治7年 8月同じような所を 

ライマンが調査しています。   釧路地方は 6月から9月いっぱいまで海が

穏やかなんですよ。


Dscf2810

ここの 炭質は 大変良く 5000カロリーくらいあるかな~?

この傾斜で 海の方に入っています。


Dscf2806

石炭層の上で ひと休み・・ 1メートルくらいあるかな?

これより 1キロくらい ひと山超えると 旧毘沙門炭鉱があります。

今日は 時間がないので 炭鉱跡には行きません。

Dscf2817

砂浜は、たっぷりとありますが、現在は砂浜で干すと 製品にならないので 

山の上・・ワイヤーを張り 砂利の上で 昆布を干しています。

Dscf2818

この浜には、 まあ~るいペンダントに成りそうな 石炭が打ち上げられています。

女性のお客様が 「ネ~ェネ~ェ ここの砂浜 少し赤っぽくないかい?」

そうなんです・・よ~く見ると 赤玉が 多数混じっているのです。

戦争当時 ここら辺の地域の方が 石炭を掘り 家庭で使用していたとさ・・・

次回は、 オソツナイの石炭浜に ご案内いたします。

      では・・また・・・バ~イpaper

2014年8月19日 (火)

ライマンの道筋探索

八月十三日 明治7年 米人地質技術者ライマン  釧路から昆布森までの道筋の

各所の石炭の調査を行っている。

今日は、そのライマンの道筋を 数回に渡り探索してみます。

今回は、昆布森海岸のご紹介です。

Dscf2799

昭和45年に閉山した 阿寒町雄別炭鉱で採掘していた地層が見られ

砂岩と泥炭が交互に重なり 薄い石炭層を挟んでいる。

時折、砂岩と泥炭の境に 波状の模様があり これを 連痕と呼ばれる波の化石です。

Dscf2790

この海岸には 動物化石・・植物化石が手にとって みられます。


石炭層の上下にあるものは 道路にでも まきたくなるような 泥岩です。


Dscf2787

ここの炭層は 10センチくらいですが 4000カロリー~4500カロリーくらい

あると思われます。  これは、マスターが選炭工場にいたころの メジカラです。


Dscf2791

この辺は、休みになると 研究熱心な親子連れが来られる 隠れた名所・・・

海の方を見ると 時たま トッカリが見られたり ヤマを見るとウミウがみられます。


Dscf2794

この辺は 黒い泥岩で構成された地層です。

二枚貝の化石がupこの様にみられます。 これは トクダイシジミです。

その昔は 黒く 脱色して白くなったと思われます。

Dscf2798

これも シジミの化石で シタカラシジミです。 1メーターくらいの層になっています。





Dscf2804

高さ 5メートルくらいの岩です。 山の上から落下したものではなく 

後ろの地層を見れば わかるように 平行になっています。


Dscf2802

お~よく頑張って残ってくれた~  通称・・・チョロ岩といいます。


Dscf2796

この岩の後ろを見れば この様に 岩肌が もめています。


Dscf2797

しばらくして あ~わかったsign01 ここが隆起して こっちに地圧がかかっているsign02

次回は ライマンが オソツナイも探索しているので ガイドツアーしてみます。

      では・・また・・・バ~イpaper

2014年8月14日 (木)

(^^♪お盆休み

八月も中旬になると、朝・夕 寒さを感じますね。空の雲・・うろこ雲でした~cloud が

日中は、まだまだ釧路では、暑いです。

珈琲坂から お休みの お知らせ

15日・16日・17日 お休みさせて頂きます。m(_ _)m

18日(月曜日)から 営業致します。 どうぞよろしくお願い致します。

        では・・また・・・バ~イpaper

2014年8月 9日 (土)

楽しいひととき(^^♪

今日の釧路は、日中はsun気温26℃もありましたよ~動くと汗sweat01sweat01

春採湖水まつり。。FMくしろの春採アリーナ駐車場でのお祭と 人と車で賑わって・・・

暑さ倍増です。 雨の予定も吹き飛ばし みなさん楽しそう^^~

   珈琲坂広報の 「ちょこっと あおぞら 日記」 より  お付き合いください。

珈琲坂店内で パステル和アート・・お盆休みに入ったお客様が体験アートに参加です。

午前中の時間帯で行いましたよ。

Cimg2071店内の様子

アート画材は 全て こちらで用意しておりますので、手ぶらでご参加下さい。

二時間 3000円 (炭鉱ラーメン コーヒー付)

午前の時間  10時30分~12時30分  

午後の時間  Pm 1時~3時    月曜日~土曜日

要予約  珈琲坂で 91-6905 電話受付 10時~4時 (日曜日休み)

  さて 今日の体験アートの Tさん 色々な事に挑戦されていました。

そして なごみアートにも・・・始めは パステルを削って指でクルクル・・・

涼しさを求めて 紫陽花アートに挑戦

Cimg2073Tさん作品

楽しい^^~と ひとつ色を付けて幾度に 面白いと クルクルと完成していきますね~~

アジサイに 見えないかも? なんて言っていましたが・・・  

どうして・・どうして 涼しげな 素敵な紫陽花アートです。

夢中になって あっという間の時間  Tさん お疲れ様でした。

      朝陽小学校でアートのボランティア参加

Cimg206918名作品

Rosemama Color Room 米澤先生のお手伝いで 参加させて頂きました。

学年がバラバラでしたが お話をよく聞いて、思い思いに 金魚アートpisces

周りのテープは 可愛いので はがさずそのままに・・額のようです。

わいわい がやがやと賑やかでしたが みなさん とても楽しそうに参加して

出来上がりに 満足した お顔が見られました。

楽しい^^ 夏休みのひとときに お付き合い出来て あおぞらも 満足でしたよ。

みなさん ありがとうございます。  お疲れ様でしたね。(v^ー゜)ヤッタネ!!






2014年8月 3日 (日)

小さな海辺のトンネルの秘密

気温23℃ cloud/sun 「釧路港まつり」も お天気に恵まれた三日間・・ も終了です。

今日は珈琲坂から5キロくらい離れた 不思議なトンネルをご案内です。

Dscf2750

ここは、城山海岸です。 約3800万年前の地層が見られる場所です。

Dscf2751

これは、up風食岩と波の力で出来た泥岩です。  6尺くらいあります。

この様な 岩が頭の上に 数か所露出していて 非常に珍しい風景です。


Dscf2754

遠くの岩に穴(トンネル)発見・・・近くへ行ってみましょう。


Dscf2755

入口の高さ2メートルくらい・・かれこれ50年くらい前までは、入口まで砂浜でした。

Dscf2771

幾度の台風と海流の変化で 岩肌になりました。


Dscf2772

こちらは、出口です。 コンクリートの階段がありましたが、ここも岩肌が露出。


Dscf2776

地元の人の話・・70年くらい前 昆布森の小・中学校に通う為に 発破をかけて 

掘りました。


Dscf2778

トンネルを掘る前までは、崖の上のけもの道を通ってました。

釧路へ行く時は、この砂浜が最短距離で 現在は砂浜が無く 歩いて行くことは

出来ません。


Dscf0483

 浜の生活は、夏場は昆布とり・タコとり・サケとり・タラとりで 各漁場では 馬をかって

いました。 冬になると 昆布森炭鉱に働きにいきました。

その為にも、このトンネルが必要でした。


Dscf0490

昆布森で見られる 「ハチの巣岩」です。 砂岩で出来ていますが 強い風により

海岸の砂を吹き付け 長い年月をかけ 風食作用は 高さ20メートルくらいで

日本でも 珍しい一大景観です。  上に見られる黒い鳥はウミウです。


Dscf0484

この岩肌の下は 石炭層を 挟む地層です。

二枚貝のシジミの化石が沢山みられます。  現在のシジミとは少し違います。

3800万年前のシジミを ごらんあれsign02 

       では・・また・・・バ~イpaper

2014年8月 1日 (金)

今日は水の日

八月ですsun・・今日は、暑い 気温が上がり27℃ sweat01 汗ダラダラsweat01

釧路では、最高気温・・・山の方はもっと 暑いかも・・sweat01

八月一日は 水の日です。 マスターが和琴の露天風呂まで行く 道中の美味しい

湧水を 二か所紹介しますよ~happy01 

Dscf2633

一か所目磯分内・・道中 丁度真ん中頃 ここでコーヒータイムcafe 池に流れている水が

地下水です。。非常に冷たいです・ペットボトルに一本入れ  いざ~出発dash


Dscf2704

二か所目up ここです。


Dscf2703

岩の真ん中から こんこんと湧き出ています  ここは 釧路へ帰る途中寄って

ペットボトル一本 入れて帰りますdash

珈琲坂では、開店当時から 水には、非常にこだわりがあり 鶴居村の地下水・・・

次に福司酒造の地下水  などを使ってコーヒーを淹れていました。

なにせ、場所が遠いので、今は浄水器を使っています。

珈琲坂付近は、昭和20年頃まで、太平洋炭鉱が石炭を掘りつくしているので

地下水の出ている所が あまり有りません。

      では・・また・・・バ~イpaper


« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »