珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

春採湖畔から・・アート

cloud雨もようやく小降りになりましたが・・・なかなか、お日様を見ることができない毎日・・

じんわり湿って、クモの巣が多いこと・・カラリと晴れがほしい~~┐(´-`)┌

珈琲坂広報の 「 ちょこっと あおぞら 日記 」より

Cimg1410

春採湖の四季おりおりが、写真で紹介された 一冊  珈琲坂にあります。

広報のあおぞら お店で時間の合間に 見せて頂きます う~んいいなぁ^^

思うところがたくさん・・パステル和アートをやっている あおぞらとしては・・

描いてみようかと・・・お借りしました。勝手に本の中から何点か選んで描きましたよ。

Cimg1403

マガモのヒナ・・母を捜して呼んでいます。とのコメント拝借m(_ _)m

Cimg1404

四季・・秋 写真はもっと綺麗でした・・一冊を覗いてみてください。

Cimg1405

夕焼けに染まる春採湖・・アオサギ 

まだまだ、素敵な写真がいっぱいです  これからも 時間を見つけて

描いて腕を磨きたいなぁ^^~ただいま修行中のあおぞらです。

なごみアートをすると時間忘れています。一冊の「湖畔からの ひとりごと」

出会えて 感謝です。勝手に拝借ごめんなさい。

春採湖畔には、昭和4年頃、ご先祖さまが住んでいて そば屋をやっていました。

懐かしい春採湖の様子が見られました。

お知らせ・・パステル和アートの作品展について

8月1日から7日まで まなぼっと二階 フリースペースで受講生の作品展

Rosemama Color Room 米澤先生主催 「みんなの アート展 」を行います。

インストラクター あおぞら 「あおぞら教室」も参加します。

みなさん~見にきてくださ~い。アート挑戦してくださいね。(*゚ー゚*)

春採湖畔のアート 出展させていただきますよ^^~happy01

2013年7月26日 (金)

珈琲と渋い男&ザ・カップ

曇りぞらの一日cloud でもちょっぴり 肌寒い はっきりしない お天気ですね。

珈琲坂の庭に ノゴマ (こどものころ、日の丸って呼んでました)

庭に巣をつくって子供が巣立ち これで庭の手入れが出来ると・・・マスターhappy01

Dscf1796

綺麗な声で 鳴いていましたよ・・chick

Dscf1845

一年前に石炭の灰を 釉薬で焼いたものです。

当時は、失敗だと思い 壊そうかなと思っていましたが 「壊すなら オレのマイカップ」に

と お客様のカップになり いまでは、マスター・ 一番のお気に入り 渋い男の

カップになりました。

Dscf1850

ちょっとぼけた~ 石炭の灰に 石灰灰をかけて 照かりをだしてみました。

これも 渋くて グーだと思ってます。wink

Dscf1851

石炭の灰を 薄くかけ 透明釉をかけました。 これもグーだと思います

取っ手のポッチはコーヒー豆をイメージいました。(・∀・)イイ!

Dscf1852_2

upお客様のマイカップで 石炭の灰とゼオライトを釉薬にして、作りました。

一年たって 渋さがでて お客様が喜んでくれるので、壊さなくってよかった^^coldsweats01

このカップも 渋い男に似てきました。

一連のカップは、すべて石炭の灰で制作しておりますので、渋い感じで・・・

コーヒーを お飲みください。cafe

坂ブレンド・・450円 

今日は気分が、良いのでビールを二杯ものみ・・写真がボーケてしまいました。

以後気をつけます と言って ツラ~として帰ります)

これは、炭鉱でよく使われる言葉です・・・  どこの会社も同じかな?sign02

2013年7月24日 (水)

まなぼっとでアート展

今日は、日中少し蒸し暑さを感じましたが、みなさんはいかがでしたか?

本州から来た方は、夕方 寒い とダウンを着てましたよ・・という話を聞きました

涼しいというより 寒いのか^^と・・・朝・夕は肌寒いからなぁ~

珈琲坂広報の 「 ちょこっと あおぞら 日記 」より

パステル和アート講座がありました。いつも元気いっぱいに珈琲坂に入って来ます。

今日は朝10時始まり・・「おはようございます~」happy01と笑顔いっぱい・・・

1色アートです。色はたった1本・・濃淡を上手く出して描きます。

Cimg1395 右あおぞら

左Kさん・青を上手に使って海の様子さかなの色が元色・・1色とは思えない・・

お家でイメージをつくり考えてきましたよ・・素敵な ほのぼのとした海ですね。

Cimg1394 右あおぞら

準インストラクターの課題画 観音様

左Kさん・顔の表情がとても おだやかです 自分のやさしい気持が表れていますね。

和アートそのものです。描いていて和むことを感じられるのが一番・・です。

Cimg1396

Kさんは お花を描くのが好き・・と毎回講座の時に 描いてみました^^と

見せてくださいます。 前回すずらんを描いたのですが 葉がちょっと と今回

葉を直してのアート 技法も少しずつ覚え自分なりに工夫していますね。

どんどん 楽しい気持で 素敵なアートを描いてください。

あおぞらも、毎回楽しみにしています。o(*^▽^*)o

8月1日から7日まで まなぼっと 二階 フリースペースでパステル和アート展が

Rosemama Color Room 米澤先生 主催 で 「みんなのアート展」として

修了生のみなさんが作品を展示します。 お楽しみに・・・paper notes

あおぞらアート教室も 参加しま~す。

2013年7月21日 (日)

白亜紀・・霧多布~きりたっぷり

今日はお日様も顔をだし、sun とても気持の良い日曜日・・おでかけですか~sweat01

気温23℃ sun そよそよ~風少し・・緑の木々もゆらゆら・・夏感じてま~す。

今日は霧多布へひとっ走りdash

Dscf1810_2

浜中の特産品 小松牛乳  きゅう~と一杯 しゃく円

後の紫の花 ヒオウギアヤメ 満開今がみどころ・・・up

Dscf1812_2

仲の浜 ぐる~と走って 堤防でコーヒータイムcafe

今日のコーヒー キューバ・クリスタルマウンテン 100g 800円

当店で飲食  500円 

今は昔 バイクで砂浜走りぬけたのに・・堤防で人すら入ること出来ずらい・・・

Dscf1818_2

ハナミズキの映画 舞台になったところ・・

Dscf1819_2

「エトピリカ」が営巣します。

Dscf1820_2

夕焼けが すばらしい^^見てみたい  うしろに陽が沈む^^~  ハイポーズ^^

Dscf1829_2

ゆうゆ温泉 spa 露天風呂も有り 500円  120パーセント満足・・いい湯だなぁ^^happy01

塩化物冷鉱泉  

Dscf1825_2

「白亜紀」 7千万年前  2000メーターボウリング 35℃ 炭層はあったのかな?

Dscf1832_2

Dscf1833_2

1週間ごとに 男女風呂が変わります。

ミスト・ ドライ・サウナがあり  今日はミストでした。

Dscf1837_2

霧多布も昆布とりが始まり 昆布でいっぱい~小さい子もお手伝い( ^ω^ )

Dscf1840_2

ハマナスです。 霧多布・濃い霧がたっぷりかかって  きりたっぷりー満足・満足

ではまた ブォ~ンdash バ~イpaper

珈琲坂広報の 「 ちょこっと あおぞら 日記 」より・・・

体験アート・・小学2年のR君 と弟のY君がアートを・・・前回イベントのときに参加され

描いてみたいと・・・お兄さんが描けば・・・ぼくもと・・(*゚▽゚)ノ

何を描いてみたいかな?・・「富士山」 今話題の山 ニュースで目にすることが多いです。 

Cimg1379_2   

左・兄R君  右・弟Y君  描きたいと言うだけあって なかなかなものですね。

お兄さんが色を決めると ぼくも同じ色  力強さ 柔らかさがアートに表れた作品です。

2013年7月16日 (火)

パステル和アート講座・・

今日は、少し肌寒い日 cloud 歩いていると、丁度いい温度 じ~っとしていると・・・

一枚羽織るものがほしい・・wobbly

珈琲坂広報の 「ちょこっと あおぞら 日記 」より・・

準インストラクターの講座です。 頑張っている Kさん 今日も元気に珈琲坂に・・・

順調にアートを描いています。 お家でも時間を作ってはアートを描いているようです。notes

Cimg1378

お花の絵に凝っているKさん 今日はすずらんに挑戦してきました。

Cimg1374

今日の Kさんの作品 課題アート 森と湖 茜の月の山

順調に進んでいます。指の力加減で色の出具合が変わってきますね。

Rosemama Color Room 米澤先生 主催

米澤先生のもとで習った修了生 準インストラクター  公認インストラクターなど・・

8月1日から7日まで まなぼっと二階 フリースペースで・・・

 「 みんなのアート展 」がありますよ~~(v^ー゜)ヤッタネ!!

楽しい 素敵な アートがたくさん出展されます。この機会に是非みてください

一度 やってみたい~ 気持になるかもね(*^ω^*)ノ彡

2013年7月15日 (月)

マスターの夏休み宿題・・

お日様がsunでたかと思ったら、霧がかかり 落ち着かない夏のお天気・・・

海の日で子供達もお休み・・連休も終り ・・

マスターの指導で、夏休みの宿題を今から始める・・今日は二個作る

なかなかセンス良し (*^-^)

Cimg1351

手つき・・初めてとは・・sign01

Cimg1358

道具を上手く利用・・happy01 お皿にヘンシン~

Cimg1367

ぼくもと・・張り切る弟・・

Cimg1373

マスターの指導中・・・(・∀・)イイ!

さてさて・・どのように仕上がるか 楽しみが増えました。

子供達にとっては、粘土あそびであっても 焼き物として作品になるまで・・・

二週間待ってください~ お楽しみに~~lovely

坂本珈琲のご案内

珈琲坂ブレンド・  四種類のブレンドからなってます コロ・ブラ・ガテ・もう一品は・・秘密

アイスコーヒーとしても 美味しく飲めます。

2013年7月14日 (日)

閉山から11年・・さくらの滝も11年

今日は、少し肌寒い日 午後からは、釧路特有の霧がかかりmist じりになり 外にいると

濡れてきます。

野上峠に上がってようやく 半そででバイクに乗れるような お天気・・

天気予報では、釧路21℃・・軽装でいざ~ひどく寒い^^wobbly

斜里川に沿って進んでいくと、高さ3.7メートルほどの滝があり 平成14年に清里町が

この滝に 「さくらの滝」 という名前をつけました。

平成14年といえば、太平洋炭鉱が閉山した年・・なんです。

魚の力強さを感じます・・・

 

Dscf1763

海に渡ったヤマベは サクラマスとなって・・・・

Dscf1764

産卵のために ・・・・

Dscf1766

繰り返し 繰り返し また繰り返し ・・・

Dscf1769

なんども なんども  力のかぎり 上流をめざします。

今が一番の 見所です。 

秋にもう一度 見に行ってみます。 

北海道はヤマベ  内地はヤマメ これはサクラマスupです・・・

もう少し 気温が上がってほしいなぁ~~~ 

今日は 温泉に入らず 帰りますdash ~バ~イpaper 

15日 海の日 珈琲坂営業いたします。 よろしく( ^ω^ )

2013年7月 9日 (火)

春採の大滝・・

今日は、少し風もあり過ごしやすいですね。気分は贅沢なものです。

珈琲坂炭鉱ガイドセンターから・・

数年ぶりに、春採の大滝まで来ました。 釧路市民には、馴染みの無い滝でしょうか?

これだけの水量が見られるのは、珍しいことなんですよ。

Dscf1716

とりあえずバンザイ~^^happy01

Dscf1713

通気斜坑から、ポンプアップで排出されてる坑内水です。up

Dscf1719

20センチくらいのスケールの層です。 坑内水に含まれている物質がこのように

年数をかけてなります。 珈琲坂にも展示しております。

Dscf1720

横からみたスケールの厚さです。up 

Dscf1721

硬くなかなか、簡単には割れません。

Dscf1717

今日のガイド役 佐藤さんも何年かぶりと 案内して頂きました。 バンザイ~^^shinehappy01

Dscf1760

水が少なくなっているでしょう^^ ゴメが水を飲めるという事は、しょっぱくないのかな~

なめってみました・・

Dscf1725

坑内水の味は無く、清水の味がしました。 ゴメが飲めるはずだ~

Dscf1732

これが、興津海岸で、釧路市の文化財(天然記念物昭和50年12月12日)

海岸に面した崖面に露出している砂岩脈です。 一般的に1メートルを越えるものは

ほとんど無く、これは4メートル、日本一の規模になります。

これを 「春採」太郎と 名づけています。 人の名前みたいですね~ 実は・・

人の形にそっくり・・なんです。

Dscf1731

どうして このような形になったんでしょうかね~sign02

Dscf1757

これだけ大きな地殻変動が あったんですね。  この海の先 300・400メーター

坑内、採掘現場では 太郎がでています でも 坑内の中と陸とでは砂岩が

違うんですよ。

Dscf1736

この辺一帯は 太平洋炭鉱の所有地で 谷間の間には、興津のズリ山があり

公害防止で崩れないように 土留めを施しています。

Dscf1743

坑内では、通称 春採次郎up

Dscf1734

この水は 先ほどの谷の間からの水です。 マスター「佐藤さん 味はどうか?

テストしてみて下さい」 「オレが飲むのかい?」  真水です。ありがとうございました。

Dscf1744

7月1日から 昆布とりが始まりました。ず~と天気が悪かったので 今日から

本格的に始まりました。 たくさんありますね~

Dscf1747

実入りがよくって うま~いkissmark

Dscf1752

普段はこの位置まで波が 押し寄せています

Dscf1728

お~っ 石炭にお会いできました。^^up

Dscf1755

石炭を含むことで知られている浦幌層群です。

Dscf1750

20センチ いつもメジャーを持ち歩いています  

今日一日 ガイドありがとうございます

Dsc08939

これは、人が寝ている姿です でも 胸元が少し 膨らんでいますねlovely

顔は りっぱに ごつい男の顔です。 まさしく これが 春採太郎 を横から

見た 岩脈なのですよ。 海霧が晴れれば もっと くっきり はっきり ですよ。

では、また バ~イpaper

2013年7月 7日 (日)

旧川湯保養所・・

今日は、良いお天気でしたねsun お祭り 幼稚園 保育園運動会と イベント日和・・・

川湯 32℃ 鶴居 30℃ と暑さがきたー・・( ^ω^ )

桜ヶ岡商店街通りで行われた山神祭(かがり火三五四まつり)・・炭鉱の祭りを継承・・・

6日 7日の二日間お天気にも恵まれ盛り上がっていました。

Img117

あおぞらもお祭り好き・小さい子を連れゲームや食べ物で満足・・焼きがき・イカなど^^

美味しかった~会場で食べると勢いで美味しさがましますね。

Dscf1712

桜ヶ岡ショッピングマップができました。商店街が見てわかります・・珈琲坂にも

置いていますので、来店の時にはお持ちくださ~い。happy01

珈琲坂炭鉱ガイドセンター・・から

Dscf1679

この7月に旧太平洋保養所が名を変え再開 川湯の湯のもとは、昔のままでした。

Dscf1674

早速 入浴spa 酸性が強い温泉なので皮膚の弱い方 要注意flair

当店のお客様(70才)も足をいれ、ちょっと失敗・・

Dscf1673

昔よりも、窓が小さく暗く感じました。

Dscf1675

ここにもぬるめのお風呂があったのですが・・・今はなし・・・

でも、お湯の量といい 休憩所広く グット グットgood 

Dscf1676

玄関の左右に狛犬がいますが、昔は無かった・・なぜ?か珈琲坂でこれから

調べてみます。

Dscf1678

昔の保養所の思い出がないか、あっちこっちマスター探して・・みっけ~

この看板は、門柱の裏で発見・・うれしい~ですね。

今日は気温ぴったりバイク日和 sun ものすご~く 満足・満足 (・∀・)イイ!

2013年7月 4日 (木)

別保炭鉱の走馬灯・・

七月になりましたが、カラリと晴れがなかなか、お目にかかれない日が続きます。

北海道にも、梅雨があるのでしょうか? 今日はrain  じめじめです。catface 

珈琲坂炭鉱ガイドセンターより・・・別保炭山(星印)ツアー

Img116

Img112

別保炭鉱で一箇所の駅・・みなさん ここから汽車に乗ります。

旧選炭工場up

Img111

これが、現在の選炭工場跡・・up 面影がそのまま残っていますね。

Img115

これが現在の軌道跡です 住民の生活道路になってます。

住民の方に、炭鉱跡地の事を聞いてみましたが、20年位しか住んでいないので

分からないとのことでした。

Img113

ズリ山の下には、新しい家が建ち並んでいます。

 

Dscf1687_2

後にある小さい穴がドカンです。 坑口はマスターの背丈くらいで後の草むら全体の

大きさです。 ドカンから坑内水が今も流れています。 

Dscf1686

別保炭鉱育ちの佐藤さんが、今日のガイド役です。

杭が出ている所が当時の側溝跡と思われます。 坑内水は清水ではなく硫化水素臭だと

思われます・温度は20℃以上あるかな?

Dscf1692

出先の側溝に水止めがありますが、何に使っていたか不明です。

Dscf1694

職員社宅に上がる途中の大木

Dscf1697

クラブ跡から佐藤さんが住んでいた65年前の社宅・・神社の説明をしていて

昔のことが走馬灯のように甦り感無量でした。

昔の炭鉱には、友子制度があります 佐藤さんのお父さんは親分でマスターが

そういう話を聞くのが好きで、当時の生活記録として残してほしいものです。

Img114 旧社宅群

上の写真と比べてみて下さい。

Dscf1700

クラブ跡(炭鉱の接待所)・・オンコの大木  旧太平洋炭鉱もそうでしたが

見晴らしの良い高台に建てます。

Dscf1703

中は見たことないのですが、地震計測所

Dscf1704

この林道を通って 元山へ向かってみます。

Dscf1706

結構大きい岩が崩れ落ちています。 この先は、10月の秋ころに

挑戦することにします。 注意・・熊は出ないと思いますが、それなりの装備で

行かないと危険かも danger・・・途中でUターン  ではまたpaper 

案内頂きありがとうございました。  

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »