珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

ヤマ(炭鉱)の喫茶から・・ストーブに火が入りました

釧路は、お日様をみることが出来ましたsun 気温4度 歩いていると寒~いhappy02

外から、帰ったら うがい 手洗いを忘れずにsign01

珈琲坂で ぽかぽかストーブで ほうじ茶つくりのイベントがありました。

Dscf1067

ストーブに火が入ったことで、日本茶インストラクターの岡田さんの指導で

ほうじ茶つくりが行われました。ストーブは父の代から50年   ここは、炭鉱の町

ルンペンストーブを使っていたので、板金屋があり、いまでも現役です。

珈琲坂のストーブもお世話になりました。

一回目 10:30から・・・

お家でも簡単にほうじ茶を煎ることが出来ますと岡田さん・・実際に行っています。

今日は、マスターの石炭の話を交えながら、ストーブでほうじ茶が出来る・・

ちょっと、贅沢を楽しみながら、煎ったお茶を飲んで味を感じてみましょう。と

岡田さんの楽しいトークで、いざ  始まりです。(・∀・)イイ!

Dscf1076

みなさん、真剣な顔・・・でも、けして難しいお話ではなく、あーそうかと・・

思わせてくださるトークでなごみました。o(*^▽^*)o

今まさに、美味しく淹れる所を見ているのです。 なるほど なるほど・・・

Dscf1086

二回目 13:30から

岡田インストラクターがお茶の淹れ方を・・・

Dscf1087

ストーブの上で茎茶を煎っています。 熱いのでみなさんのお顔が赤くなって・・・

太平洋の石炭は、二度燃える・・・

一度目は、ガス化になって火があがり煙突が赤くなります。

数時間たっておき火になりストーブの真ん中が赤くなります。

そうなると、あまり煙がでません。

ルンペンストーブ(炭鉱用語として、残していくためにあえて使っています)

みどりから茶のいろに変わると・・う~ん いい香りが~・・・

Dscf1079

ふじえだ園さんも岡田インストラクターを心配して駆けつけてくれました。

太平洋の海底炭は、一般炭なのでルンペンストーブには適しています。

参加された方のなかには、昔ストーブ使っていましたと・・なつかし~い^^

ストーブの側なので、みなさんのお顔があか^い  

自分で煎ったお茶を淹れて・・・おいし~いと満足そう(・∀・)イイ!

それぞれ参加された方の、お茶も飲みながら人柄が味にでますね~と

ひとり ひとりの味を楽しみました。  

大盛況のうちに終わりました。 最後に珈琲坂のシホンケーキとコーヒーを

飲みながら、ほうじ茶の話でお開きです。 参加された皆様ありがとうございました。

日本茶インストラクター 岡田美保さん楽しいひとときを、また暖かい気持ちを・・

ぽかぽか ストーブであたえて下さり ありがとうございます。お疲れ様でした。lovely

2012年11月25日 (日)

ヤマ(炭鉱)の喫茶から・・あやまちでは?

寒くなりました。とうとう雪も降り足元も気を付けなければ・・・

気温・・5度 お天気sun 本格的冬・・おーっ寒いブルブルッwink

Img031_2

まる2の興津のズリ山は、あやまちです。(現在も興津の海沿いに公害防止のために

緑化にして残っています。)

Img030

これは、春採湖から見た同じ赤ズリ山です。

マスターが物心付いたときは、このズリ山は均されて通称赤ズリ山と言われて

あちら、こちら赤く燃えていました。  今も、この辺のけものみちには・・

当時の赤ズリが、そのまま残っています。

10月21日のブログにも、類似した記事を載せています。

炭鉱ガイドセンター珈琲坂に資料がありますので、コーヒーを飲みながら

ゆっくりとお読み下さい。

Dscf1066

なが~い冬季間の陶芸が始まりました。今日も元気に回しています。(笑)

出来上がる過程が楽しみです。どんなカップが出来るかな?ワクワク( ^ω^ )

ちなみに、マスターが使っているロクロはバイクのミッションで作られて

写真左のぼっこでギアーチェンジが出来ます。

釧路の陶芸家 菊池貞夫(貞窯)制作を譲って貰いました。

天板のアルミは、ピストンを溶かして作っているんですよ。

珈琲の案内

コロンビア(ポパヤン)が入荷  100g   450円

コクと酸味に程よい苦味が加わった重厚な味が特徴。

一度お試しあれ・・・cafeお気に入りになるかも(*^-^)

2012年11月11日 (日)

ヤマ(炭鉱)の喫茶から・・さくらの大木

日中はわりと暖かsunマスターhappy01 ブオ~ンとちょい乗りdash

とうとう最後のブオ~ンdashだ。気温9度 摩周方面小雨 迷うことなくUターン

雲から100メーター離れると路面が乾いてる  雲の動きを見ながら鶴居方面へ・・・

Dscf1043

真ん中 一本さくらの大木丘中央です。わかりますか?

春になるとさくらが満開 とてもきれい  毎年ここでコーヒータイムcafe

いっときここで、ごろねsleepy この時期はふうぼうと足元の風よけは必要

バイクに付いているのが、わかりますか~27年間頑張って、・・来シーズンまで冬眠

なぜか、胸が熱いheart01 じつは、ホッカイロ3枚貼って ぽっかぽっかheart04

今週もがんばるぞ~good

たくさんの注文お願いします。(* ̄ー ̄*)

今日はモカ 中煎り酸味は控えめ  100g   \580

当店のポイントカード持参で、10% OFF  1キロお買い求めで 20% OFF

2012年11月 8日 (木)

ヤマ(炭鉱)の喫茶から・・池の湯林道第2硫黄山

月曜日sun今日も良いお天気  気温12度またまた、散策日和happy01

Dscf0969

安田財閥の安田善次郎が北海道に明治20年2番目となる鉄道を敷設(安田鉄道)

釧路春採の炭鉱も安田が開発しています。石炭と硫黄とは深いつながりがあります。

ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンターにお寄り下されば・・・語り部マスターが詳しくup

喫茶で、炭鉱ラーメン食べコーヒーを飲んで、ゆっくりとお話・・時を過ごしてみては・・・

noodle炭鉱ラーメン コーヒー付 \650   お待ちしています~(o^-^o)

Dscf0972

第2硫黄の噴出口up

Dscf0962

旧硫黄精錬所跡です。up

右側四角いのがレンガの残骸・・珈琲坂にもあります・来店してご覧下さい

左側丸いのがクイ残骸・・

帰りに自然沼「キンムトー」に足を伸ばしました。

「キンムトー」・・アイヌ語で「山の上にある神秘的な沼」down

Dscf0990

アカエゾマツ・などの針葉樹 ハルニレ・オヒョウの大木

Dscf0999

Dscf0994

大日本ビールと書いてありました。星のマークに中に丸印

Dscf0997

いつの時代か分かりませんが、人の気配・・住んでいた跡

川の水をひいた跡が残っています。

Dscf0995

人工的に造った?上に板をかぶせている・・トイレかな?ぜんぜんわからん~gawk

足元には、充分注意sign02くまスプレー必要だ。

森から出てきて、ほっとしてコーヒータイムcafe

坂ブレンド、5人でお疲れで~す。  今日は6000歩shoe

帰り道・・ニブシ温泉に入り^^いい湯だなぁ~spa

お風呂はいいなあ~疲れがとれる 満足・満足(* ̄ー ̄*)

坂ブレンド・4種類の豆がブレンドされています。100g  \450 ちょっとほろ苦いlovely

300gから市内宅配致します。  地方発送も致します(送料500円お客様負担)

2012年11月 7日 (水)

ヤマ(炭鉱)の喫茶から・・釧路湿原散策

今年最後の散策です。日曜日sunよいお天気 気温12度11月にしては、暖かで~す。

Dscf0927

青い屋根・・長谷川光二邸up

Dscf0920

おやじのかな?約15センチくらい?長谷川邸から100メートル位かな怖いですw(゚o゚)w

Img029

 

Dscf0932_3

釧路湿原の長谷川光二はマスターのとても気になる存在の生き方です。

長谷川邸はまわりには、家もなく先がない・・・何とか残してほしいものです。

帰り道・・・山崎岬

Dscf0901

ず~と先に旧太平洋炭鉱のズリ山が見えます。・・(双眼鏡が必要)

Dscf0909

紅葉・・11月なのに、1週間遅れですね。・・森林が持つ「癒し効果」ですね(・∀・)イイ!

ホット・深呼吸フーッ^^~気持ちいいな~lovely

森の中では、絶対にたばこはダメsign01  地主が一番気にしているにが野火ですよ。

今日の散策・・・13000歩・・いや~歩いたぞう~shoe

明日は、自然沼「キンムトー」と硫黄山の旧精錬所散策・・乞うご期待sign02

2012年11月 1日 (木)

ヤマ(炭鉱)の喫茶から・・ズリ捨て場

11月になりました。ひと雨ごとに寒くなっていきますね。

風邪も流行はじめています。うがい・手洗いがいいと聞きますよ。good

Dscf0875 up

現在の黒ズリ捨て場です。選炭工場より1.5キロメートル ベルトにて運び込まれています。

ズリの下は、沼のように水がたまっています。30年位前、会社でニジマスをテストケースで

放流したことがあります。 何人もの方しか知らないのに、マスターが当時巡回した時

つり竿をだして、つりをしていた人がいました。 「こらぁー」sweat01 ちなみに魚の放流は

失敗に終わっています。

Dscf0877

雨で崩れ落ちたのですね。 危険なので一般の人は近寄らないで下さい。ban

崖の高さは3メートル位あります。

ズリ山には、すごいエネルギーが捨てられる・・このエネルギー何とかならないかな~impact

4000カロリーくらいなら、現在のボイラーとして使用できるのですよ~・・・

Dscf0880

迷い炭・・ばんつき炭ズリが石炭に挟まって比重が重たくなり捨てられます。

ピカピカでしょう~戦後捨てられた場所です~よ・5500カロリーくらいかな~?

Dscf0881

げっΣ( ゜Д゜)ハッ!馬みたいオス鹿だ~~最近珈琲坂の裏近くでも出没している

ので車、運転の方注意danger

Dscf0885

ゼオライトの原石です。 これをもって来たくて裏のズリ山に身の危険を

犯して採って来ました。えへへ( ̄ー ̄)ニヤリ

マスターの作る当店のコーヒーカップにも、ゼオライトを混ぜています。

炭鉱の施設を知るには、体力が必要・・・ああ~今日もこわかったwobbly

お知らせ

当店に送られてきました。 興味のある方、お楽しみください。

マスターも観にいきま~す。会場でお会いするかも( ^ω^)おっおっおっsmile

Img025 Img028

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »