珈琲豆の種類

  • 豆珈房・珈琲坂
    自家焙煎の豆珈房珈琲坂 15種類の珈琲豆 宅配もいたします300gから。 旧釧路市内・釧路町一部

珈琲坂

  • 〒085-0805 釧路市桜ヶ岡1-12-40 ヤマ(炭鉱)の喫茶ガイドセンター珈琲坂  ・炭鉱ガイド・・要予約お一人様1500円 坑内の中は入坑できません。

電話

  • 0154-91-6905

その他

  • 駐車場 4台可能
  • 営業時間 11:00~18:00
    不定休

あおぞらアート教室

  • パステリア書
    パステリア書講座を開講しました。 パステル和(NAGOMI)アート開講中。 珈琲坂店内で行っています。 要予約 材料費込 
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2018年1月18日 (木)

(^^♪初春夕焼けアート

少し暖かい日ですが・・・朝夕は やはり寒いですね。 雪が少ないので、助かりますね。

道路も 走りやすい・・歩きやすいですが・・油断は出来ません 冬ですから(゚m゚*)

珈琲坂広報の 「ちょこっと あおぞら 日記」より   お付き合い下さい。

         rouge あおぞら アート 教室から rouge

今年 初めてのアート始まりました。 昨年は みなさんと楽しみましたが 暮れに

あおぞら・・左手首骨折で 予定していた アートが出来なくなり 皆さんには 大変ご迷惑

お掛け致しました・・今年から ようやくアート始められ Sさんが 待っていましたと

受講して 下さいました。 

Img_0742Sさん作品

Sさんも しばらくぶりで 力が入った~と言いながらも 楽しんで取り組みましたよ

春採湖畔からの アート 昨年からの描きたいものでしたので 緊張したかもね・・・

色使いが 上手になり 手の動きが早くなり 1時間少々で描きあげていましたね。

今年も いろいろ描いて 楽しんでいきましょう~note

アートで にっこり みなさん 2018年 宜しくお願い致しますgood

2018年1月 4日 (木)

わが街釧路自慢の夕焼け

年が明けて 4日今日から お仕事始まりの所が多いですね。

休み明けですが・・さぁ~今年も張り切っていきましょう~happy01 

珈琲坂も 今日から 営業いたしました・・宜しくお願い致します。cafe

加藤耕蔵  釧路の夕日とSL冬のしつげん号写真展を開催中です。

Img168

夕日のポストカード発売中  1枚 100円

Dscf4169

わが街 釧路を紹介した写真8点を展示しています。

見慣れている夕焼けですが 写真に納まると 自慢の釧路ですね。素敵です・・・

  note ああ~釧路で良かった・・note35億の値がする

なかなか煙 モクモクと走るSLを みることが出来ませんが 雄大な風景です。

昨年は 雑誌に載ったり・・今年2月には TV取材を受ける予定です・・只今活躍中

みなさんに 楽しんで貰いたいと ご本人も話して おられました。

4日(木)から31日(水)まで 開催しております。

       では・・・また・・ば~いpaper    



2018年1月 1日 (月)

コーヒーは頭で飲むと昔から言われてる

 fuji  新年明けましておめでとうございます。

日の出が見られずの 2018年の始まりですが 気温が穏やかです。

Dscf4173

ブルーマウンテンNo1が 入荷しています。  今となれば 高価な豆です。

釧路管内でも この豆を持っているのは、 2.3件だとおもわれます。

100g 3600円します。珈琲坂ポイントカード発行していますので 使用すると

各10%引き  100g3240円(税込) 500g買うと20%引き 14400円(税込)になり

15000円買うと さらに1000円引きになります。

家庭飲めば カップ一杯360円で 飲めますよ。  焙煎方式は 直火焼きです。



Dscf4174

珈琲坂通路には お客様が生豆を品質確認ができるように置いてあります。

コーヒーの事 焙煎の事 機会があれば お尋ねください  当店では 健康を考えて

 すべての生豆を 洗浄してから 焙煎しています。

店内にて ブルーマウンテンNO1 カップ一杯700円を今月末まで 

500円ワン(税込)でご提供しています。 グルメを お楽しみください。

ちなみに ブルーマウンテンNo2は メーカーには存在していません。

ちなみに ブラジルは No2からで ブラジルNo1は存在していません。

詳しい理由は マスターに聞いてくださいね~

ご注文は 翌日焙煎になりますので ご了承ください。

新年営業は4日(木)からです 宜しくお願い致します。(o^-^o)

       では・・・また・・ば~いpaper

2017年12月31日 (日)

旧太平洋炭鉱ヤマの食文化

お天気良好・・慌ただしく時間が過ぎていき 2017年も あと数時間

年越しそばを 食べますよ~ 今年は どんな年でしたか・・気温が定まらない年・・

冬が早く来た年・・政治がどうなっていると不安な年・・等々目まぐるしい一年でした。

Img_0741

毎年恒例の親族で 蕎麦を打ちます。 

炭鉱指定商として もし、のれんがあれば 94年になります。

現在は 釧路ラーメンとして 釧路管内に製造販売しています。

炭鉱の風習として 昔から冠婚葬祭で蕎麦を出していました。炭鉱で死亡事故があると

何百もの蕎麦をつくり お通夜の席で 汁変わりに出していました。

釧路で最高の蕎麦を 炭鉱に納めないと ならないので 汁(しる)は本店・支店とも

竹老園の汁(しる)を閉山まで 使っておりました。

そば・うどん・ラーメンは当店で製造し ラーメンの醤油は竹老園と同じ 山一醤油

使用していました。  現在では 山一がないので ヤマサ醬油になっております。

鶴・つる 亀・かめ むとうの蕎麦~~♪ この歌はマスターの兄が作りました。

みなさま よい お年をsign01

     では・・・また・・ば~いpaper

2017年12月 2日 (土)

釧路炭鉱ガイド・旧排気坑道巡り

やはり師走です・・何だか慌ただしいような 気がします。

寒さも 一段と厳しくなり 風が冷たく身にしみる~~お日様が出てても 北風が強いwobbly

以前からお願いされていた 釧路炭鉱ガイドを 時間が空きましたので 早速出発~dash

炭鉱資料館・・へ

Dscf4160_2

坑内電気機関車とガンガン台車 この模擬坑道に来たら まず電気機関車がお出迎え

パンダグラフ付のガスのない 坑道だけが許可されます。

この電気機関車のモーターは 東芝製で 炭鉱には これ一台しかありません。

坑内の実規格約3.4メーターなので ケーブル高さが約2.5メートルくらいなので

年に何人かは 材料が触れ感電する人がいます。そのくらい旧太平洋炭鉱では

慌ただしく 人の乗り入れがありました。後頭部を強打された痛みを感じるそうです。



Dscf4161

一見パワーのあるような表示に見えますね。でも炭車を引いたり 人車を引いたりすると

人が走っている位のスピードになります。

Dscf4162

米国製のマイナーの切羽です。ビット先は ダイヤモンドの次に固い金属でできています

これを実際に手で触って体感できます。


Dscf4163

ドラムカッターで石炭を削り取ります。 渦に刃がついています 何故だと思いますか

この刃もダイヤモンドの次に固い鋼鉄で出来ています。

これが減ったり 取れたりすると 新しいものと取り換えて 古いビットは回収して

みなさんが 日常使われているものに 生まれ変わります。

ちなみに 現在使われている 刃が一個6000円くらいします。

この後 車で3つ 排気坑道の跡を回り 知人の排気坑道で終了です。

坑口で空気を吸う量より 排気する空気量が多くなります。

炭鉱では 通気が大きなウエイトを占めています。

釧路炭鉱ガイド・・・要予約 お一人様1500円 四名様まで 11:00~12:00

 炭鉱ラーメン・コーヒー付  炭鉱資料館付 坑内の中は入れません。

        では・・・また・・ば~いpaper



2017年11月26日 (日)

春採湖畔にも炭鉱坑口があった

昨夜は雨・風が暴れていました。 途中で目が覚めると 窓がガタガタと・・・朝は曇り空

ですが どんよりと穏やか?な 寒い日です。

Dscf4010

釧路の街の中で 唯一露頭炭が 気楽に見られる場所が ここです。

この辺は 昭和14年戦争が激しくなり 内陸部の石炭を掘った周辺になります。

春採湖畔を 一周4.5キロを散歩した時 南側の小高い崖を注意して みて下さい。

ズリ(石炭不要物)を捨てていた場所が確認できます。

旧坑口跡は 密閉して見る事は出来ませんが 崖を見ていると 面影が見てとれます。

春採湖畔の下を掘り 向かいの幣舞中学校付近の下まで石炭を掘っていました。

釧路炭鉱ガイドにて ご案内いたします。

釧路炭鉱ガイド・・・要予約 お一人様1500円 四名様まで 10:00~12:00

昭和38年全国で初めて健康ラーメンとして商標登録(現在無し)唯一釧路に残っています

珈琲坂と もう一軒 うるとら食堂で食べる事が出来るのは この二軒だけですよ・・

  炭鉱ラーメン・コーヒー付  炭鉱資料館付  坑内の中は入れません。

         では・・・また・・ば~いpaper

2017年11月25日 (土)

釧路炭鉱喫茶のルンペン石炭ストーブは二度燃える

寒さを感じずには 入れれませんね 気温が低い毎日です。

 暖かい温もりを感じる60年前 当店のそば屋で使っていたストーブが付きましたよ~

この石炭ルンペンストーブの変わっているのは その燃焼過程と経過です。

他のすべての石炭ストーブは 上向き通風で 燃焼は下の石炭から燃えてきます。

Dscf4152

このルンペンストーブは 最初の着火が横向き通風で その後下の口を開け 上向き通風

になり 燃焼は上の石炭から 下の石炭へと燃え移ります。

最大の欠点は 操作を誤ると 燃焼ガスが非常に多く発生し 油断をすると

上ふたが飛ぶくらい バッフン~と爆発が起こります。そういう事が頻繁にあるので

炭鉱の人々は 暑くてもガンガン燃やすのです。ふ~暑い 窓をあけろ~

この過程を お客様に感じてほしくて 珈琲坂では ガンガン焚いていますので

ご来店ください。  コーヒー 一杯 450円 コーヒーの香り 石炭の燃焼する香りを

体験してくださいませ。



Dscf4154 

奥の木のドアは 手作りです。 坑内の休憩室で使われているドアに似せています。

帯電防止ビニールを張り 静電気が起きないように作ります。実際のドアは

もっと板を張り 頑丈に作っています。

くしろ炭鉱ガイド・・・要予約 お一人様1500円 四名様まで  10:00~12:00

   炭鉱ラーメン・コーヒー付   炭鉱資料館付  坑内の中は入れません。

          では・・・また・・ば~いpaper

2017年11月21日 (火)

プリザーブドフラワー体験

雪がふりましたね~本格的な冬が到来~寒いです。w(゚o゚)w

日陰は 凍っていて滑る所もあり 足元注意ですね~coldsweats01

    珈琲坂から お知らせ

雪も降ると いよいよ 師走の声・・・早いかな(笑)

珈琲坂で 行われている 体験教室プリザーブドフラワーが4日・18日にありました。

今回は クリスマスにちなみ アレンジで作り上げていました。

Dscf4149_2

みなさんの作品ですdown 思い思いに 飾り付け 豪華になりましたね。

おしゃべりも 楽しみながら 勿論 手も動かして お隣さんの色使いも参考に

しながら・・・いいわねぇ~と 賑やかに時間を 過ごしています。

12月のクリスマスに 飾れる作品ができましたよ~~


Dscf4150

12月は お正月アレンジで プリザーブドフラワーを 行います。

12月2日と 16日土曜日に予定しています。要予約 6名様まで

時間・・11:00~13:00 会費 2500円 炭鉱ラーメン・コーヒー付 ・材料費込

お正月お飾りが 楽しみですよ~ 皆さんの参加お待ちしています。

申し込みは 珈琲坂まで 0154-91-6905 受付10:00~17:00日曜日休み

2017年11月14日 (火)

くしろ炭鉱ガイドを勉強しているご婦人

paper秋空の一日14℃ 暖かいです。少し風はありましたが・・・

くしろ炭鉱ガイド・・・おば様2名さまご案内です。

Dscf4143

石炭浜 となりの海岸です。この様に波で洗われた まるい石炭が打上げられています。

皆さんこの浜で ブローチになりそうな石炭を 探していますよ~でも飛行機の中には

持ち運び出来ませんので、ご注意ください。

Dscf4145

臨港鉄道・・ちょうど知人に石炭を下ろし 約40分間かけて 春採駅に帰って来ました。

列車の前の顔に入っている 三本になっているV字は 三社が変わり 現在臨港鉄道で

活躍しています。釧路にも火力発電所が稼働する予定です・・・存続が危ぶまれて

います。

Dscf4148

旧太平洋炭鉱 炭鉱資料館・・おおよそ30分 模擬坑道に入り 見て 触れて 感じて

楽しく学びました。

実際の坑内の中は ガスがあり すべての電気器具は 特殊ネジで密閉されていて

万が一スパークしても 爆発しないように 作られています。

珈琲坂にも 実際に坑内で使用されていた 電話機が展示してありますので

触れてみてください。 この後 珈琲坂に戻り 冷えた体に 炭鉱ラーメン・・・

昭和38年に 全国で初めて、商標登録(現在無し)・珍しいラーメンが食べられる

喫茶店です。入江町のうるとら食堂でも 食べられます。

わが町くしろの炭鉱ラーメンは この二軒しかありません。

くしろ炭鉱ガイド・・・要予約 お一人様1500円 四名様まで 10:00~12:00

   炭鉱ラーメン・コーヒー付  炭鉱資料館付 坑内の中は入れません。

      では・・・また・・ば~いpaper

2017年11月 4日 (土)

釧路自然ガイド員を炭鉱ガイドする

秋から冬が すぐそこに・・・雪と言う天気予報・・やはりですね・寒いです。

通称・昆布森炭鉱 浜の露頭炭を見学して 500メートルくらい沢の中を探索

蜂はいなく 枯れ木になり 非常にガイド日和

Dscf4128

深山南坑口密閉跡です。 古坑口跡で 唯一坑内水が飲める場所です。

結構な 水量がではっています。注・・坑内水は温泉水の味がするのが多いです。

当時 坑内の中では タバコを吸うことが出来ました  採炭箇所が低く落盤に

なれば 二つ折りになり 亡くなったそうです。炭鉱作業は厳し~いゾ。

炭鉱ガイド・・・要予約 お一人様1500円 四名様まで  10:00~12:00

   炭鉱ラーメン・コーヒー付   炭鉱資料館付  坑内の中は入れません。

        では・・・また・・ば~いpaper

 

«炭鉱ガイド・ルーツ探索